カードローンと総量規制

カードローンと総量規制

クレジットカードのキャッシングやカードローンなどを利用する人たちにとって悩みの種となるのは、総量規制の問題です。総量規制とは、借入の合計額が年収の3分の1までに制限されるというものです。クレジット会社や信販会社、消費者金融などが提供するカードローンは、貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

ですから、これらの業者から借り入れている借入残高の合計が年収の3分の1に迫っている場合は、それ以上の借り入れができなくなるという不安に直面することになります。それで、そうした状況にある場合、少しでも借入残高を減らすために返済に励む必要があります。

しかし、それ以外の選択肢もあります。大手都市銀行の提供するカードローンの中には、総量規制の対象外となるものが存在します。それは、あくまでも銀行が提供しているカードローンであるゆえに、貸金業法ではなく銀行法が適用されるために、年収の3分の1の金額を気にしなくていいのです。

その上、銀行のカードローンはの融資限度額は、審査の状況にもよりますが大抵の場合、年収の3分の1よりも多めに設定される傾向があり、金利は総じて低めに設定されています。ですから、貸金業者からの借り入れを一本化するために、銀行のカードローンに借り換えるという選択肢も考えることができます。銀行のカードローンの審査に通過出来そうと思える場合には、とりあえず申し込んでみることをお勧めします。

しかし、まずは返済できなくなるほどお金を借りると言う状況を早くから回避することが、何よりも大切ですね。

カードローンの法定金利

カードローンを利用するときには、金利が気になるものです。 カードローンの商品によって様々な金利の設定を見られます。高い金利のところもあれば、低い金利のところもあります。基本的に金融業者はカードローンの金利設定を法律の範囲内において自由に設定されています。

要するにカードローンの金利は、どこまでも好きなだけ高くすることができるわけではなく、法律によって決められた法定金利によって上限が決まっているわけです。

法定金利は金銭消費貸借契約における金利の上限であることを覚えておくと良いでしょう。金利は利息制限法によって元本10万円未満は20%、元本10万円以上100万円未満は18%、元本100万円以上は15%になっています。

しかし、条件を満たすことによって出資法が適用されて上限が29.2%になります。このようにカードローンの金利の上限は法定金利によって決まっています。金融業者はカードローンの金利設定をするときにこれらのルールを守る必要があります。

しかし、金融業者の中には利息制限法には罰則が無いため、それを逆手にとって高い金利を設定しているところがあります。これはグレーゾーン金利と言って社会的にも大きな問題になったことがあります。

そして、この高い金利によって今では多くの人が過払いになっており、過払い請求によって倒産する金融業者が増えています。カードローンを利用するときに金利についてしっかりと知識を持つことはとても大切なことなのでしっかりと覚えておきたいものです。

acom820