カードローンの滞納をしてはいけない理由

カードローンの滞納をしてはいけない理由

カードローンの滞納を甘く見てはいけません。甘く見てしまいますと後で大変なことになるからです。
まず第一にカードローンの滞納によって罰則金利がかかります。これにより利息が通常よりも多くなるのです。

滞納している期間が長くなれば長くなるほどに高くなります。元々大金を借りている方にとっては、この利息だけでも重くのしかかってしまうのです。

そしてもう一つの問題はカードローンの解約をさせられる可能性もあるということです。あまりにも長く延滞してしまうと契約をストップされてしまい、新たにカードローンによってお金を借りられなくなるのです。しかし、解約になったとしても債務がなくなるわけではありません。今後も返済をしていかなければいけなくなります。

これだけではありません。今後しばらくは他の会社のカードローンも契約できなくなる可能性があるのです。どれだけ延滞をしていたのかにもよりますが、かなり長い間の滞納ですと、その延滞の情報が信用情報に掲載されてしまいますので、他のカードローン会社のほうで契約をしようとしても落とされてしまうのです。

勿論審査の甘いところですと契約ができる場合もあるのですが、限度額が低かったり金利が高いなどのデメリットのあるところしか契約できなくなる可能性もあるのです。ですので、延滞は甘くみてはいけません。ほんの一日でも延滞しないようにしてください。
借りたものを期限までに返す、カードローンの返済日に遅れることだけは避けなければなりません。

カードローンの再審査

じつはカードローンには再審査があります。どのような場合にするのでしょうか。 カードローンというのは大体一年や二年しばりで契約期間が決められています。この契約期限の前に再審査をカードローン会社が行うのです。再度、この契約者と契約を更新してもいいかどうかを決めるためです。そして、再審査の結果問題がなければそのままカードローンの契約が延長されます。

もしも審査で落ちれば契約期間が終了すればカードローンが利用できなくなるのです。返済は今までと同じように分割して支払っていくことになります。この場合、再び審査をしていることはいちいち契約者には伝えません。また、一年や二年の契約期間で本人が利用を停止する場合であれば、審査は行われません。

もう一つのケースとしてカードローンの限度額を上げて欲しい場合には再審査を行う場合もあります。
限度額を上げるためには、今まで以上の信頼が必要になるため、再び審査を行うのです。もしも審査に通らなければ限度額の増額は認められません。しかし、今までの限度額のままで契約を続行することはできます。

大体この二つのケースで再審査を行うものだと思っておいてください。カードローンを長く使いたいと思っているのであれば、カードを作るための審査に通ってからすぐに仕事をやめるなどしないようにしましょう。仕事を変わって収入が減ってしまったりすると、再審査で契約が続けられなくなってしまう可能性があるからです。

acom820

2015年4月20日 カードローンの滞納をしてはいけない理由 はコメントを受け付けていません。 カードローンについて