カードローンの与信枠

与信枠について

カードローンを申し込む時に、個人情報としていろいろな情報を入力するものです。中にはこれがお金を借りることに、どのくらい関係があるのかと疑いたくなるような入力内容もありますよね。
実はこの情報全てが、カードローンでの与信枠をチェックするためのものです。与信枠とは、その人に与えられる限度額の事で、クレジットカード会社は、申込者を審査し、その人にいくら位までなら信用してお金を貸せるかを判断します。

与信枠の場合は、まず前提条件として『総量規制』というものがあります。
一部を除いてはその総量規制に触れないのですが、その条件を満たさないカードローンの場合は総量規制の対象になります。

総量規制とは、年収の三分の一までしか消費者金融などから借りられないという法律です。それを超える場合は、新しいカードローンを申し込んでも与信枠が与えられなかったり、少し余裕が有るのであれば、少しだけ与えられるということもあります。
なので、まずはこの条件をチェックしましょう。

次にあなたの年収やあなたの働き先の条件を聞くことです。
あなたの勤務先のことやあなたの肩書、役職、収入などからチェックすることが多いものです。特に、最近はこういった収入に関しての項目から大体の収入額が分かるようになっていますから、そこから査定されることもあります。

また、カードローンの多くの項目はどれも審査のためと考えておくといいでしょう。最近は仕事の有無だけではなく個人宅の電話番号があるかどうかも信用度に関わってきますし、また住んでいるところの情報も審査に関わってきます。

ただ、一番なのはあなたがきちんと借りて返せる人という証明である信用情報がきっちりしているということが、カードローン会社にとっては一番重要なことでもあります。

カードローンの限度額

一般にカードローンはいろいろあるが、どの程度の限度額が設定されるかは、申込者の信用状況に左右されます。カードローンの申し込みの際には、本人の生年月日や勤務先、勤続年数、年収、家族構成や配偶者の有無、住居の居住形態や居住年数、他社からの借り入れ状況など、様々な情報を申告し、そこから与信枠を判断します。

さらには、希望のカードローンの融資金額とその用途についても尋ねられ、こうした情報をもとに審査が行われた結果、どの程度の融資限度額を設定するかが決定されるわけです。

既に他社のカードローンなどの借り入れが数社に上る場合は、そのことを率直に明らかにしなければなりません。なぜならそうした信用情報は、既に相手の前にある端末の画面に表示されているからです。それを本人が正直に明らかにし、それらの融資を借り換えて一本化することを希望していると率直に申し出るなら、それが可能かどうかを審査の際に検討してもらうことも可能です。

いずれにしても、カードローンの限度額がどの程度の金額に設定されるかどうかは、こうした審査によって決定されることになります。
それでは、どのような場合に限度額が高く設定されるのでしょうか?

まずは、他社からの借り入れが無いのが一番です。また、大企業や公務員などしっかりとした勤務先に長年勤務しており、年収もそこそこ多めであれば条件は良くなります。しかし、収入がいくら安定していても、これまでに返済の遅延などの事故の前歴があれば、好条件を期待するのは難しくなります。こうしたカードローンを申し込む際には、こうした要素を頭に入れておくと、スムーズにいくかもしれません。
acom820