キャッシングを行う上での年齢制限

キャッシングを行う上での年齢制限

キャッシングを行う上で年齢制限があります。キャッシングを行うには申込みを行って審査に通り契約を交わしてカードを発行してもらって初めてキャッシング利用出来るのですが、利用条件として重要な項目に年齢があります。

金融業者によって違いますが、一般的に契約時の年齢が20歳以上の成人の方で、65歳までの方というようになっています。業者によって75歳まで年齢制限がある場合等もありますし、そこは業者によって変わって来るので、利用前には年齢制限について調べておくのが良いでしょう。
学生キャッシングサービスもあり、業者によっては18歳以上でも借りれる所もありますが、基本的には20歳以上65歳以下というのが一般的です。

年齢制限や定期的収入がある等の条件を満たす事でキャッシング申込みや審査に挑む事が可能になります。キャッシング申込みには小口キャッシングならば運転免許証等の個人証明書があればOKですし、借り入れ額が大きくなると、収入証明書も必要になります。

キャッシングは基本的に返済出来るかどうかという事が業者から見て問題ですから、65歳以上だと年金しか無い場合が多いですし、20歳以下だと就職をしていないことも多いですし、収入が低く、また未成年ということで法律的にもお金に責任を持てないという事もあり、年齢による制限をつけているのです。

年齢などの要件を満たしているということは、借りる権利と返す責任を得ているということです。キャッシング借入を行えば、後は契約に従って利息を払って完済していく事になります。返済遅れや忘れがないように中止して使うのがルールです。

未成年はキャッシングすることができるのか

急に大きな出費が発生したり、収入が減って一時的に生活が苦しいというとき、キャッシングによって急場をしのぐということは、だれでも思いつくことですね。基本的に、働いていて安定した収入がある方なら、誰でも利用することができます。

しかし、働いている未成年の場合はキャッシングすることはできるのでしょうか。よく学生キャッシングなんて言葉を聞きますよね。言葉通り学生をターゲットにしているキャッシング業者なのですが、 これはアルバイトをしている学生ならお金を借りることができます。ただ、よく見ると、20歳以上と書いてあるところが多いのです。ということは、20歳未満の未成年は利用できないということですね。

たまには18歳からOKというところもあるのですが、借りられるのは10万程度の小額です。
なぜ働いていても未成年はキャッシングできないかというと、法律的な問題があるためです。
といっても、未成年にはお金を貸してはいけないという法律があるわけではありません。

成年に達していない者がした契約はいつでも取り消せるという民法の規定によるものなのです。
取り消されたらどうなるかというと、どんなに延滞していたとしても、取り消せば元本だけ返せば済むということになるのです。これではキャッシング業者も商売になりませんよね。

ですから、大手の業者は20歳未満お断り、もしくは親などの同意、保証を必要とするのです。
ただし、結婚していれば成年と同等に見なされますので、既婚であればキャッシングできますし、勝手に取り消すことはできません。
acom820